義父を看て、人生の晩節を考える

7月から家内の父を我が家で面倒を

看ています。いままで家内の妹が

看てきましたが、私たちも手伝えればと

妹と一緒に箱根に来てもらいました。

認知症で体も思うように動かない義父を

見ていると、自分の将来のことも

考えさせられます。私は自分が認識

できなくなったら、生きている価値が

ないと思いますが、いつの間にか

そういう状態になったら、家内、娘は

どうするのでしょうか。私の気持ちは

伝えてありますが、尊厳死が認められて

いない日本では、否応なしに介護せざる

得なくなると思います。いろいろ考え

させられます。

| コメント (7165)

2019年7月 8日 (月)

長雨で、すべてジメジメ、うんざりだ

この1か月、お日様をほとんど

みていません。

梅雨だから仕方ないとはいえ、

こんなに雨模様の日が続くのは

箱根にきて30年以上になりますが

初めてです。

九州のような豪雨がないだけまだ

ましですが、いささかうんざりです。

気温も朝夕は10度近くまで

下がっています。

観光客は大涌谷の影響もあまりなく

例年通りだと思います。

でも日本人の観光客よりも外国人の

ほうが目立ちます。有難いことです。

半袖、短パンで歩いている人が

多いのにはびっくりです。

シーズン本番の夏はどうなるのか

今から心配ですが、観光客であふれる

ことを祈っています。

 

| コメント (2926)

2019年6月24日 (月)

クロの想い出 (5)

クロが亡くなって早4か月に

なりました。一人で散歩していると、

いろんな方から今でも

「あれっ。どうしたの?」と

声をかけられます。

クロが地元の方々に可愛がられて

いたんだなと、今さらながら痛感

しています。私もクロが落ちた場所を

通る時は、あの時のことを鮮明に

思い出します。まだまだ忘れることは

できそうもありませんね。

話変わりますが今日、高齢者運転講習会に

行ってきました。

視力の検査と運転の実技で2時間ほど

かかりました。いずれも年齢相応との

診断でした。やはり能力的には衰えて

いるのだなと、思い知りました。

昨今高齢者の事故が続いています。

衰えを充分自覚して運転しようと

思いました。

| コメント (4756)

2019年6月 9日 (日)

梅雨空に、緑鮮やか、箱根山

梅雨入りして毎日雨が続いています。

ただ嬉しいことに、木々の緑が

とても鮮やかです。窓からの風景も

このころが一番です。

先日バス旅行で東京に行ってきました。

いまや完全にお上りさんです。

築地場外市場、皇居広場、浅草などを

巡ってきました。びっくりしたのは

どこへ行っても、外人さんが多いことです。

日本人は修学旅行の学生さんがちらほら

いるぐらいです。箱根でも外人の姿が

以前とは比較にならないほど、数多く

見ることができます。2-3年前までは

中国、韓国の方が殆どでしたが、今では

白人の方も多く見受けられます。

観光客だけでなく箱根で働いている

外国人も、多くなっています。

今年オープンしたバイト先の2号店は、

ネパール人5人だけで運営しています。

うちの支配人が時々顔を出していますが、

どうにかまわっています。

国際化の流れを目の当たりにしている

毎日です。

 

 

| コメント (2592)

2019年5月14日 (火)

クロの想い出 (5)

だんだん我が家の暮らしに慣れてきたクロは

1人での散歩を、楽しむようになってきた。

テラスを閉め忘れていた時もあるし、テラスの

隙間をくぐって脱出するときもあった。

最初のうちは家の周りをうろうろしている

だけだったが、徐々に大胆になってきて遠出

するようになってきた。何度目かの脱出騒ぎで

大捜索したにも拘わらず見つけることができず

翌日まで持ち越してしまう時があった。

翌日近所を訪ねまわり見かけなかったかと

尋ねると、「見た見た」といたるとこで証言が

でてきた。

ラリック美術館の案内係の方は

「昨日は何回も見たよ、捕まえようとしたけど

逃げ回って、駄目だった」

ラーメン屋のおじさんは

「今朝国道を渡ろうとしてバスにぶつかって

血だらけになって、山の方へ上がって行った」

最初は楽観的だった私もやばいぞと思い始めた。

必死に探しまわすと我が家に上がる道と

一つ筋違いの坂道の上の空き地に黒い物が

見えた。クロである。何事もなかったように

私に飛びついてきた。ケガもしていない。

これからは注意せねばと痛感したのだが、

喉ぼと過ぎればなんとやらで、これからも

何回も脱走騒ぎを引き起こすのである。

 

 

| コメント (3905)

2019年5月 7日 (火)

10連休終わり、ほっと一息

10連休が終わり、やっと普通の

生活が戻ってきました。

観光業界」には有難い事でしたが、

人手不足は深刻で大きなホテルでは

スタッフが集まらず、部屋数を

制限して営業せざるを得ないとこも

あったみたいです。

おかげで70を過ぎた私でも、

仕事には困りそうもありません。

身体が許す限りは仕事を続けたいと

思っています。フロントの仕事は

ボケ防止に最適です。

最近の旅館の書き込みにフロントの

白髪のおじいちゃんは、感じが

よかったですとありました。

ちょっとひっかかるとこも

ありますが、嬉しかったです。

G/W明けの箱根の新緑は見事です。

我が家の窓からも燃えるような

新緑を見ることができます。

しばらくは体を休めて、夏に

備えたいと思います。

 

| コメント (2665)

2019年4月13日 (土)

クロの想い出 (4)

クロが来て初めての冬、雪の中

散歩に行こうと車に乗せようと

したところ、はしゃぎまわって

中々乗らない。業を煮やした私が

お尻を蹴とばすと、びっくりして

向かいにある貯水槽に走りあがって

しまった。石の階段が30段ぐらいあり

高さは10メートルぐらいか。

上ったはいいが降りることはできない

みたいだ。私が登ろうとしたが

雪が積もっていて、上ることが

できない。そう言う訳で、クロは

そこで一夜を過ごすことになった。

夜、情けない声でウオーンと鳴いて

いた。翌日雪が止んだので除雪

しながら私が上まであがった。

リードを付け引っ張り降ろそうとしたが、

怖がったクロは動こうとしない。

しょうがないので又お尻を蹴とばした

ところ、すごい勢いで下りて行った。

本当に手数のかかる奴である。

| コメント (9283)

2019年4月 4日 (木)

クロの想い出 (3)

もう一つのクロの伴走事件は芦ノ湖で

起こった。西岸の深良水門まで歩いて

帰りのことだ。写真を撮ろうと

リードを放して湖岸まで行っていた時、

ジョギングをしている人が通り過ぎた。

やばいと思い振り返ると、嬉しそうに

後を付いて行っている。慌てて

追いかけたが、とても追いつかない

その人がどこまで行くか分からない。

ここで待っていても戻って来るとは

限らないので、ポーパパに電話して

元箱根の方(芦ノ湖の上部)で

待っててもらうことにした。

これで挟み撃ちに出来るので一安心

である。一時間ぐらい歩いて行くと、

向こうからクロが走ってきた。

走っていた叔父さんが、やっと飼い主

に出逢えたとほっとしている。

ハイカーの人から犬と一緒に

走るのは結構だけど、ちゃんと

繋いで走ってくれと、文句を

言われたそうである。

私の犬ではない、勝手に付いてきた

のだと言っても信じてもらえなかった

そうだ。謝る私の横でクロは

あー面白かったというような顔を

してすましていた。全く人騒がせな

クロである。

 

 

| コメント (7816)

2019年4月 1日 (月)

クロの想い出(2)

我が家にも慣れ散歩も喜んで行くようにF1000013

なったクロだが、困ったのは走っている 

人を見るとついて行ってしまうこと

だった💨

ハイキングコースを1周して帰ろうと

車に乗せようとしていると、ランニング

している人が横を通り過ぎた。

するとクロが付いて行ってしまったのだ。

あっという間に見えなく6c5b1750d356483b96b28cedbee31a60 なった👀

30分ほど待っていると無事戻ってきた。

走者の方も今日は伴走者がいて

愉しかったですと、ご機嫌でした💕

その頃のクロは元気が有り余っていたの

でしょうね🐶

 

 

| コメント (6323)

2019年3月14日 (木)

クロの想い出 (1)

クロとの思い出を数回にわたってF1000019 F1000026

書いてみたいと思います
クロベー日記と矛盾する点
出てくるかもしれませんが、
ご容赦願います
クロとの出会いは最悪でした。
芦ノ湖の畔にあるキャンプ村の
知人からの電話がきっかけです。
ちょうど犬千代が亡くなった直後F1000025
だったので、「寂しいだろうから
もう1匹どうよ」と言う電話です
野良犬を貯水槽の中に、閉じ込めて
あるのでみにきてというわけです。
ケンを連れて見に行くと、みすぼらしい
やせ細った黒い犬がフェンスの奥で
縮こまっています。近寄ると
逃げ回って、なかなか触れせてF1000016
くれません。よっぽど人間に
虐められて、人が怖いみたいです
私が引き取らなければ、保健所に
連絡するとのことです
このまま、こいつの人生が終わって
しまうのは、なんだかとても可哀想に
思えてきました。嫌がるクロに
リードを繋ぎ、湖畔で30分ぐらい
座っていました。身体もどうにかF1000014
触らせてくれるようになりました。
可愛いと言うよりも、同情から
飼い始めたのです

| コメント (6943) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

やっぱり、一人の散歩は、寂しいな

26日にクロを火葬しましたE53afb998cd04259ae7fad3cfed668c1

ペットの葬儀社に電話すると
車で自宅まで来てくれ、車内で
火葬してくれるとのことです
どんなふうになるか心配して
いましたが、担当の方は服装、
礼儀もきちんとしており、とても
感じがよかったです。クロも
身体を奇麗にしてもらい、
暖かそうな白い敷物にくるまれ
気持ちよさそうでした
2時間弱で焼き上がり、
骨ツボに収まりました。
喉ぼとけが立派なので、この世にF1010013
悔いがない一生だったのでしょうと
慰められました
千代もケンも夏場だったので、
当日中に焼き場に持って行き
ました。なのでお別れも、十分
できませんでしたが、クロは一晩F1010006
家にいたのでよかったです
でも一人での散歩は寂しいですね。
同じコースでも時間が半分に
なってしまいます。いかにクロが
だらだら歩いていたのか、痛感F1010009
しました

| コメント (7656) | トラックバック (0)

2019年2月27日 (水)

 クロベー、虹の橋へ、旅立つ

去る25日、クロが死んでしまいました702adaa3941f4a8b8575d5bdf9f9629f

1月に落ちた側溝に又落ちて
しまったのです。そこでじっと
していればまだよかったのですが
そこから意識朦朧の状態でフラフラと
下の方へ歩いて行き、5Mぐらいの
堰の下に落下してしまったのです
最初はリードを持っていたのですが、
すぐそばのご夫婦と立ち話をF1000013
していた際、クロが珍しくリードを
引っ張ったので、おしっこでも
したいのかなと思い、思わず
リードを放してしまったのです。
私のミスです
1人では下にも降りられませんし、
上にクロを上げるのにはどうすれば
いいのか途方に暮れました。F1000011
湖尻の政蔵さんに事情を携帯で
連絡すると、今すぐ行くから
待っていろとの返事です。
いくら政蔵さんでも下からクロを
引き上げるのは難しいと思って
いましたが、ミニクレーンを
備え付けた車で駆けつけてくれ
どうにか引き上げることができました。
感謝感謝です6c5b1750d356483b96b28cedbee31a60
でもクロは息をしていませんした
去年からめっきり衰え、夏はかなり
しんどそうでした。もう長くはないと覚悟
していましたが、私のミスで死なせて
しまったことには悔いが残ります
2007年に犬千代と入れ替わって
飼い始め約12年の付き合いでした。
迷子犬でその時4-5歳と言われて
いましたので実年齢は15歳を超えてF1000003
いたと思います。最初はオドオドして
散歩に連れ出すのも大変でしたが、
半年もすると生意気に行こう行こうと
吠えるまでになりました。
雨の日もレインコートを着て二人で
散歩していました。近所でも有名で
皆さんに可愛がってもらいました
芸なしでしたが「飼ってもらって
ありがとう」と言っているみたいで78878d72299a48c48b5f0b4a88683487
とても可愛い奴でした
老齢の私たちの事を考えて、
ポックリいってくれたのかなとも
考えています。
これで我が家には25年振りに
犬がいなくなりました。F1000095
どうしましょうね。
昨日今日と一人で散歩しましたが
なんか味気ないですね

| コメント (6257) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

北斎展、人が多くて、がっかりだ

15日に六本木ヒルズに新北斎展をF1010038_3

観に行きました。最初に地下鉄

大江戸線が地下深く走っていて、

地上に出るまでに時間がかかる

ことにびっくりしました

地上にでると平日にも拘わらず

大勢の人が歩いています。

若い人もいっぱいいました。F1010034

箱根では若い人は観光客以外

ほとんど見ませんので、これにも

びっくりです。最後にびっくりしたのは

北斎展の観客の多さです

入る前から行列で入館後も一列に

並んで鑑賞です。これではゆっくり

鑑賞できずがっかりでした

数年前に伊藤若冲の展覧会を見ようと

して上野まで行って、行列の長さに

びっくりして諦めたことを思い出し

ました

帰りに渋谷のむすめの店に寄って

食事をして帰りましたF1010029

疲れました

| コメント (8684) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

全身に、老化劣化が、忍び寄る

箱根ははっきりしない天気が

F1010006_2続いています。今日は小雪が

ちらついています。でも桜や梅の

つぼみもかなり膨らんできて

います。今週は松田に河津桜、

蝋梅を見に行けませんでしたが

来週には行きたいと思っています。

でも数年前に行った際、帰りに

くしゃみが連発し、目がかゆくなって

大変だったことを、思い出しました。

今年も危なそうですね

話変わりますが尿が出にくいので病院で

診てもらったら、やっぱり前立腺肥大F1010005_2

と診断されてしまいました

又薬が増えてしまいました。

前からの血圧、アレルギーの薬

それに帯状疱疹と前立腺の薬

そのうえ白内障、緑内障の目薬も

点しています。なんだか全身が老化

してきたようで、嫌になってしまいF1010010

ます。年をとるというのはこういう

ことなんですかね

| コメント (6471) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

大雪の、予報が、はずれ、ほっと一息

昨日は大雪が降ると、テレビでF1010016

大騒ぎしていました

このまえが10センチぐらいだったので

今回は倍ぐらいかなと、覚悟して

いました。ところが朝起きて外を

見ると、普段の風景でした

嬉しい拍子抜けです

旅館もキャンセルも出ず、支配人も

ほっとしていました。

今月は冬枯れで休日前だけが

稼ぎ時です。F1010022

それでも春は着実に近づいて

いるみたいで、松田の桜まつりも

始まりました。こぶしのつぼみも

ふくらんできています

来週は蝋梅と河津桜を見に行こうと

思っていますF1010023

| コメント (9408) | トラックバック (0)

«箱根山、今年初めて、真っ白に