犬千代日記

2013年6月 4日 (火)

第117回  犬千代日記

     弱虫クロベーの巻き

今日は年回の狂犬病の予防注射F1000008

の日だ。何も知らないクロはいつも通り

のんきに散歩している。いつもと違う

コースでおかしいとは露も疑っていない

会場に着くとわんこがいっぱい

集まっている。それを見たクロは

急にこわばり、足を踏ん張って動こうとしない。

ケンやぼくは毎日ペンションにわんこが

きていたから、しらないわんこと遊ぶことに

慣れていたけど、クロは散歩のときすれ違うF1000006

だけで、接触が少ないのでたくさんの

わんこをみると、怖いみたいだ

動物病院でも尻尾をさげてびびっている

もんな。保護したとき病院に連れていかれたら

腰を抜かして、診察台に上がれなくて

先生にあきれられていたよな

でも野良犬のときに嫌な思いをしていたと

おもうと、同情するところあるけどね。

注射はどうするのかと見ていたら、先生が

「しょうがないな、今行くからそこで待ってろよ」とF1000009

言って、あっという間にすんじゃったね。

怖がる暇もなかったみたいだ

なまじっかクロの場合、見た目が強そうなので

そのギャップが面白いんだよね。

まあのりちゃんと奥さんには時々偉そうに

できるようになっただけでも、進歩したよね

| コメント (1070) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

第116回  犬千代日記

   お客様のペット紹介の巻き (2)

次に面白かったのは、うさぎさんかなF1000039

3頭のうさぎさんがきたんだけど

散歩のときがすごかったんだよね。

それぞれにリードを着けてるんだけど

みんな好きな方向に動くんだよね。

それを飼い主さんがリードを右左に

器用に持ち替えて散歩させるんだよ

のーちゃんがものすごい手さばきですねと

感心すると、「毎日やってれば嫌でも

うまくなりますよ、最初はこんがらかってF1000045

大変でしたよ」と言っていたね

次が亀さんかな。予約の時、亀なんですけど

いいですかと聞かれ、問題ないですよと

答えたけど、亀なら2-3日留守番させても

平気だと思っていたので、ペット料金三千円を

もらうのが申し訳ないと思っていたんだよね

でも事情を聴くと毎日、水を取り換えないと、

元気がなくなってしまうとのこと。旅行の時、

亀を連れて行ってもいいですかと聞くと、F1000005

90%ダメと言われるらしい

気持よく受けていただいてとても嬉しかったです

と言われ、のりちゃんも喜んでいたね。

あとは文鳥さんたちかな。飼い主さんは

鳥籠から万一逃げ出して、ふんで汚しては大変と

持ってきたシーツで部屋中を覆っていたね

飼い主さんの気の使い方はみんなすごいね。

私たちが迷惑をかけたら、泊めてもらうところが

なくなってしまうから、みんな一生懸命なんですよ、

言っていたがF1000012 みんな仲間意識が

あるみたいだね

奥さんが蛇などの爬虫類がきたらどう

しようと心配していたが、こなかった

みたいだね。断ることもできないし、

のりちゃんも困っただろうね。

これからはいろいろなペットが泊まりに

くるだろうから、今のうちになにか考えておく

必要があるかもしれないね

| コメント (1157) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

第115回  犬千代日記

   お客さんのペット紹介の巻き (1)

今日はペンションに泊まりに来たペットをF1000011

紹介しよう

もちろん90%以上はぼくたち犬だよね。

でも彼らは自分たちは人間だと思って

いたみたいだね。仕草、表情などすべて

飼い主とそっくりなんだよね。外にいる

ぼくやケンは違うい生き物と思っていた

みたいだよ。まあ泊まりに連れてきてくれる

飼い主さんが自分の子供同様に扱っているん

だから仕方ないよね。

次が猫君たちだね。彼らはほとんどケージのF1000013

中にいたからあまり接触はなかったね。

でも首輪をつけて散歩させてもらっている

猫ちゃんを、見たときはちょっとびっくりしたね。

一番の珍客はアヒルさんかな。

広島から車に乗って2匹きたんだよね。

車からピョント飛び降りるとガーガー鳴きながら、

玄関から入ってきた。しかもおしめをしてF1000003

ラウンジにいたのりちゃんもお客さんも

わんちゃんたちも、口をアングリ。

飼い主さんから後で話を聞くと、

結構大変な道中だったみたいだね。

体が乾くと弱ってしまうのでS/A毎に停まって、

体を濡らしてあげなくちゃいけないんだって。

おしめはフンをそこらじゅうにするので

24時間ずっとしているんだって。

部屋が水浸しになっているんじゃないかとF1000042

のりちゃんが心配してたけど、ちゃんと拭いて

あげているみたいで大丈夫だったみたいだね。

それにしてもアヒル君がペットとはね。

まあ飼ってしまえばなんでも可愛いんだよね

F1000038

| コメント (1148) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

第114回  犬千代日記

    どう 思いますの巻き

第112回で書いた未成年の宿泊にF1000001

ついて、いろいろな意見がでてきました

のりちゃんは20年前のあのころでは

妥当な判断だったけど、今の時代では

そんなことを言っていたら、宿泊業は

やっていけない、中学生のカップルは

ノーだが高校生以上は受け入れるしか

ないという意見だ。一方で予約さえあれば

年齢に関係なく、お客様として扱えばいいと

いう意見もあった。そんなことはこちらサイドでF1000004

考える必要はないということだ

逆に自分の子供がそういうことをしたと

考えると、とても許すことはできない。

18歳未満は親の了解をとるべきだ

という意見も出てきたするとのりちゃんが

あったあったそいうことがと大声を

あげた。高校生のカップルが来たときに

家に電話したら,「承知しております、

よろしくお願いします」と言われたんだとF1000002

それはしょうがないねと、意見がまとまり

かけたが、結婚をしていないカップルは

同じ部屋に泊めるべきではないという

極端な意見もでてきた

皆さんどう思います?

ちなみにうちのホテルでは、そんなに

神経質になっていないみたいですね。

まあみるからに中学生以下のカップルは

みたことないですけどね。

やっぱり若いお客様の多いいペンションがF1000001_2

かかえている問題ですかね

F1000016

| コメント (1105) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

第113回  犬千代日記

   深きょん来館の巻き

10年以上前の話。のりちゃんのF1000015

ペンションでTVドラマの収録が

行われた。NHKの連続ドラマで

「農家の嫁になりたい」という

ドラマだ。主役は深田恭子さん

相手役は中村俊輔さんだった。

農家の息子の俊輔さんとバイトに

きていた深田さんが結ばれる

いう話で俊輔さんが野菜を納めている

ペンションがここだという設定だ。F1000004

撮影前は役者さんは台本

食い入るように読んでいる。

スタッフは準備で殺気立っている

しかし深田さんは撮影が始まるまでは

本や漫画を読んだりしてリラックス

している。そして僕とも遊んでくれたり

している。どこにでもいる普通の

お嬢さんという感じだ

でもいざ撮影が始まるとF1000007

急に生き生きとしてオーラがでてくる。

さすがに売れっ子の女優さん

だと痛感させられた。

周りのスタッフの気の使い方も

尋常でなく腫れものに触るように

接している。深田さんは特別

緊張するでもなく淡々と演技を

続ける。若いのにいやはや

大した貫禄であるF1000009

ぼく犬千代はもちろんかなり

出番があった。

のりちゃんはエキストラとして

お客さんの役で出演したが見事に

カットされ、画面には登場できなかった。

まったく見る目がないんだからと

あとでブツブツ文句を言っていたな

面白い経験をさせてもらったよ

| コメント (1192) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

第112回  犬千代日記

  くたびれ損の巻き (2)

強羅でお母さんと出会うと「今から004

その旅館へ連れて行け、電話したら

いったんチェックインしたが、そのあと

出て行って今はいないと言っているが

そんなはずない、絶対にいるはずだ」と

まくしたてている近所付き合いのある

旅館なのでのりちゃんは、気乗り薄だが

あまりの剣幕に圧倒されて、しぶしぶ007

連れて行った。呼び鈴を押すと、電話で

答えた通り、今はうちにはいないとのこと。

でもおかあさんは納得しない。玄関払い

されると、こんどは警察に連絡してくれと

言いだす。しょうがないので駐在所に

連れて行き、事情を説明させた。そこでも

もうここまで来たらしょうがないでしょ013

娘さんとあとでゆっくり話をしたらどうですか

と説得されたが、未成年の女の子を警察は

保護する義務があるのではないかと、

詰め寄られしょうがなく小田原の本署に連絡し

パトカーが小田原から上がってくることになった。

そして夜中の12時過ぎパトカー2台と一緒に

また旅館へ。でも結論は一緒、今はいないと。014

警察も立ち入ることはできないみたいで、

これ以上はどうしょうもない

旅館の前ででてくるのを待つという

おかあさんを引きずるようにして

ペンションに帰ってきたのは夜中の

2時過ぎ。まったくいいように振り回された

1日だったね。翌日の夜、バカ娘が028

帰ってきましたと、℡があったが詳しい

事情は分からずじまいだったみたいだね。

宿泊業の大変さを痛感したのりちゃんでした

| コメント (1114) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

第111回  犬千代日記

   くたびれ損の巻き (1)

のーちゃんがペンションをオープンした004

20年以上前の話

春休みに男女6人のお客様がみえた。

それがなんと15-16歳のカップル

3組なのだ。いくらなんでもカップル毎に

部屋をとらせるわけにいかないと

考えたのりちゃんは、親の了解を取るか

男女別に3人づつの部屋にするかの

どちらかにしなさいと言った

彼らはどちらもノーと答え、憤然としてF1000012

出て行った。さすがにキャンセル料を

とるわけにもいかず、のりちゃんも

まったく大損だとぼやいていた

するとそのグループの女の子の

母親から電話がかかってきた。

「そちらに泊めてもらえなかったから

下の旅館に泊まっていると連絡があったが

いったいどうなっているんだ」とこちらも

喧嘩腰である。仕方ないので事情をF1000011

説明すると、一転してそれは大変だ、

今から車でそちらへ娘を取り返しにいくので、

旅館まで案内してくれと言いだした。

千葉から行くので到着は21時過ぎに

なるみたいだ。夕食の片づけが終わった、

22時ごろ、今強羅にいるのだが道が

わからないので迎えに来てくれと

連絡があった。全くいい迷惑だが

ことここに至ってはしようがないのでF1000004

嫌々のりちゃんが出かけて行った

F1000011_2

| コメント (1079) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

第110回  犬千代日記

  のーちゃん倒れるの巻き

「おにいちゃん、のりちゃんこのところF1000023

咳き込んで苦しそうだね。よるもほとんど

眠れていないみたいだよ」と

虹の橋の広場から下界を見下ろして

ケンがしきりに心配している

花粉症がひどくなっただろうぐらいしか

思っていなかったぼくは「平気だよ、

毎日あれだけ食べて寝ているんだから」と

相手にしなかった。すると急にケンが

「のりちゃんが倒れた」と大声をあげたF1000015

あわててぼくも下界を覗いてみるとなんと

のりちゃんが眼科の病院の待合室で

倒れているではないか。

どうも検査の日程が数ヶ月前から

決まっていたみたいで、無理して

でてきてしまったみたいだ。

前日からほとんど何も食べていないし

睡眠も数時間うとうとしただけだからさすがの

のりちゃんも貧血をおこしたみたいだ。F1000014

横になったのりちゃんを先生が診察している。

血圧は90/60、これは高血圧気味の

のりちゃんにしてはかなり低い

血糖値も下がっているみたいだ。

足を高くし頭を低くし、飴玉を

のりちゃんの口の中に入れている。

10分ぐらいするとだいぶ良くなって

きたみたいだが、先生は買い物中の

奥さんを呼び戻し、救急車を呼ぼうかとF1000010

言いだしている。慌てたのりちゃんが

「救急車は大丈夫です、家内と二人で

帰れます」と懸命に弁解している。

検査は後日ということでのりちゃんは

無事我が家に辿り着いて、ベッドに

もぐりこんだのである。まわりからも

すぐ救急車といわれる年齢にのりちゃんも

なったんだね。ぼくとケンはいつまでもここで

待っているから、そんなに慌てないで

こっちにこなくていいからね、のりちゃん

| コメント (1101) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

第109回  犬千代日記

  極楽とんぼの巻き

昔のりちゃんのペンションで、あのF1000007

極楽とんぼの二人がバイトとして

働いていたことがあるんだよ

伊豆の知り合いのペンションから

バイトさん二人要らないと電話

あったんだよね。ちょうど夏休みに

入る前だったのでこっちで引き受けた

わけ。その二人がまだ売れる前の

とんぼだったんだよね。

なにしろ調子いいんだよね

お客様が来ると、「はーいF1000011

いらっしゃい」と甲高い声で叫ぶ。

のりちゃんに「うちは居酒屋じゃないだぞ」と、

言われてもついついそののりで

叫んでしまうのだ。

お客様の方もびっくりしていたな

山本君は厨房内で料理の手伝い、

加藤君はそとでサービスの手伝いを

していたな。

二人とも仕事ぶりは真面目だったな。

仕事が終わると誰もいない芦ノ湖までF1000008

でかけて、コントの練習をしていたんだよ。

そして時々東京の吉本の事務所まで

でかけてオーデションをうけていたんだよ。

深夜にちょこっとテレビに出てくることも

あったみたいだけど、とても見ていられない

ぐらい滑っていたみたいだね。それが

うちのバイトが終わって1年ぐらいしたら

あれよあれよという間に、売れっ子に

なってしまったよね。うちでの練習の

成果がでてきたのかねF1000007_2

それにしても山本君はつまらないことで

つまずいてしまったね。もったいない

ひきかえ加藤君は完全にタレント、役者と

しての立場を固めたよね

これからも頑張ってほしいものだよね。

たまにはこちらのことも思い出して

ほしいね

| コメント (1068) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

第108回  犬千代日記

   外国のお客様の巻き

ペンションにもたまに外国人のF1000001

お客様が来る。その時の

のりちゃんが面白いんだな

最初は一生懸命英語でしゃべって

いるんだけど、いつのまにか

日本語になっているんだよね。

しかもそれを英語みたいに変な

イントネーションでしゃべるんだよ

でも外人の方もそれで結構、意味が

通じているみたいなんだよね。

のりちゃんは言葉なんかハートF1000012

こもっていれば通じるんだよと

ケロッとしている。

確かに外人の方も懸命に、会話

しようとしているんだから、そんなもん

かもしれないね。韓国や中国の方には

漢字で紙に書くと、ピンとくるみたいだね。

のりちゃん家族もフランスやイタリアを

旅行した時、まったく言葉が通じないのに、

レンタカーで走り回っていたんだから変な

自信があったのかもしれないね。F1000007

そのときは片言の英語とジェスチャーで

どうにかなったみたいだね

あんまり構えず、なにか口にしてれば

人間同士なんだから、意思は通じるん

だよね。でものりちゃん、もとは商社マン

なんだから、もうすこし英語が話せると

思っていたよ。そうかのりちゃん、会社の

英会話の試験受かっていなかったんだっけ。

こんなことばらすと、のりちゃんに

怒られちゃうかな。F1000009

秘密、秘密

F1000002

| コメント (1125) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧